News

リアルイベントをデータ解析し、主催者と来場者双方のイベント価値を高める『DXperience』を発表

mv

株式会社レイは、ビジネス展示会やプライベートショーなどのリアルイベント において、主催者のイベント開催効果と、来場者のイベント体験価値をリアルタイムにデータ解析することで可視化し、 運営業務の改善や営業活動に役立つソリューションとして、『DXperience (ディーエクスペリエンス)』 を発表いたします。


『DXperience』は、イベント会場や展示ブースなどでの人流や混雑状況などをリアルタイムで可視化する【ミエルDX】と、来場者の位置特定や興味関心をデジタル計測する【ワカルDX】の2つのサービスで構成されています。

【ミエルDX】

イベント会場をリアルタイムに解析し、人の流れ、混雑状況、滞留人数などを可視化します。

これにより、来場者の興味や関心に合わせて展示レイアウトを検討、来場者状況に応じた、人員配置や動線計画の最適化など、来場者の体験価値向上につなげることができます。

img_heatmap

【ワカルDX】

イベント来場者の位置情報や、各展示コーナーにおける滞在時間などを測定します。

これにより、特定の来場者動向をリアルタイムに把握でき、担当者と顧客をスマートにマッチング。

また、来場者ごとに興味関心を分析して、セグメント別のきめ細かいフォローアップに活用するなど、リアルイベントを起点とした営業効果の向上に役立ちます。

wakaru

詳しくは以下ページ、もしくは問い合わせフォームよりご連絡ください。

▶ “DXperience”ページ: https://raydigital.jp/DXperience/

▶ お問合せフォーム: https://ray.co.jp/inquiry/


株式会社レイは、今後もデジタルの力を活用し、お客さまのビジネスをより活性化させるソリューションの開発と提供を進めてまいります。